読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定申告

日常 備忘録

確定申告に行きました。

個人事業主でも二カ所から給与をもらってるわけでもなく、

ただの会社員ですが、実はすご〜〜く微々たる額の寄付をしているのです。

雀の涙みたいな額ですが、病も気からっていうし、寄付も気からということで……。

 

そしてですね、認定されている財団などに寄付をすると、

なんと寄付金控除が受けられるんですね。

微々たる寄付のくせに、税金の控除を受けようとするなんてガメツイ!

とは思わなくもないんだけど、

ちょっと税務署って気になるよね……。一度行ってみたいよね……。

と、まぁ、そう思って、税務署へ行ってみたのです。

近いし。社会人だし。社会見学。

 

 

 

<寄付金控除の申請で用意するもの>

  1. 源泉徴収

  2. 寄付金の証明書

 

<控除の手順>

  1. 税務署へ行きます
  2. 立っている案内係のおばちゃんに困った顔で話しかけます
    (※この際に寄付金控除と伝えるとスムーズです)
  3. 並ぶべきレーンを教えてもらい、突入します
  4. 受付のための紙をもらいます
  5. 表に住所などを記入して源泉徴収票を貼り付けます
  6. 裏に「寄付金」みたいなところに○して、寄付金の証明書を貼り付けます
  7. レーンに沿って移動します
  8. おばちゃんにパソコンブースへ案内されます
  9. パソコンに求められるがまま、無言で色々入力します
  10. 困ってキョロキョロしていると、すごい勢いでお兄さんかおばちゃんが教えてくれます。ありがとう!
  11. 印刷ブースへ移動します
  12. 印刷します
  13. 印刷したものの中から提出するやつと最初に源泉徴収票を貼り付けた紙をクリアケースに入れて、投函口に入れてね!とおじちゃんに教わります
  14. 教わった通りやります
  15. 出口から外に出ます

〜完〜

 

なんてシステマティックなんだ!すごい!印刷とか超ハイテクだった!

たくさんの人をさばくために考えられたシステムですね……。

免許証の更新などでも出会うあの非人間的とすら言えるレベルのながれ作業。

感動しました。

 

来年もこの微々たる控除を受けに行こうと思います。ちょっと楽しかったです。